宅浪で超難関大学に合格するための心構え

白い机で白いノートにシャープペンシルで勉強中

どうもさやです

今日は、宅浪して難関大学に行くためのマインドセットについてご説明します

(私は宅浪して京都大学に受かりました)

孤独だからこそ大事な心構え

宅浪はなんといっても独りです

そのために自分を律する必要あります

というわけで、そのために私がこれはしたほうがいいという考え方をご紹介します

できるという自信

私は最近気づきました

小さいころから「私勉強できない」と心から言っている人は、ほんとに勉強できるようになってないということに

学力がある人はやっぱり多少なりとも自分はできると思っているように思います

(少なくとも、そう思うようにしているような?)

だからこそ、宅浪で合格できる!という自信を持ってください

私は、宅浪とか最強の手法すぎて絶対いけると思っていました笑

だって、無駄な授業期間がぜんぜんないし、無駄な国語とかやらなくていいし、とにかく自分に必要なことだけでよい…最高!

って感じです笑

宅浪は幸せ 〜 だって毎日が日曜日

家でずっと独りでいると、かなり気分が滅入ってきます

合格しても、「宅浪は辛かった…あれは孤独すぎる…」という感じのことをグダグダ言ってる人がいるんですけど…

モノは捉えようです

私は毎日日曜日だと思ってました

勉強が終われば自分にとって自由な時間がとれるし、最高です

今日はこれだけする!って決めたらあとは遊べばいいだけです

原理は日曜日と一緒

娯楽の要素もしっかり計画しましょう

たまに受験生は遊ぶな!とかいう「宅浪も経験したことのない」人がいますが、遊ばないと病むから遊んだほうがいいですw

同年代の大学生以上に学ぶ

私は、落ちて悔しかったことといえば、同年代のみんなに一歩遅れをとったことです

私はそのことがひたすら悔やんだのを覚えています

だからこそ、フラフラ遊んでいる大学1年生以上に他のことを学ぼうと決意しました

私がやったのは、「株式投資」と「プログラミング」です

今思えばほんとにプログラミングやってよかったなと思ってます

社会的需要もすごい実感できますし、自身がプログラマーであることで他のプログラマーとの繋がりが生まれます

他の大学生に負けぬよう頑張ってください!

楽にいこう!

私はまじで宅浪選んで良かったなと思ってます

ほんとに心から!!!!

プログラミングを習得する時間がめっちゃありましたし、また塾に行っていた人は口を揃えてしんどかったって言ってますし

まじで宅浪は神です

夏期講習の1週間だけ、河合塾に行きましたが、やはり自分には宅浪が合ってるなと感じました

人と違う感とか、自分だけの楽々浪人とか、そういうワクワク感…ふふふ

たまらないです

まあもう一度したいかって言われたら別なんだけどw

塾も試してやっぱり宅浪ってなったら自信もってね!!!!!

2人のTwitterをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です