急に充電なくなる! バッテリー交換しても意味ないよ 【スマホ】

どうも、さやです

いまiPhone6を使ってるんだけど、充電の減りがやばいです

冬のせい! 一瞬で充電残量が1%になる原因

バッテリーの充電っていうのは、化学反応をうまく活用しています

まあ簡単に言うとこの化学反応の部分が電気を溜めるためにめっちゃ大事です

しかし!!

この化学反応、寒いとちゃんと機能しません

あったかければあったかいほど、充電がちゃんとされるのです

これが充電が一瞬でなくなってしまう主な原因といえます

それでも異常に減りが早すぎる

とはいえ、冬だからと言ってそんなにはやい?!というほど一瞬で充電がなくなりますよね

私、ひどいときなんか、朝家を出発してから駅についたときには10パーセントしかなくなってたときは目を疑いました

バッテリー交換をしてみた

やはり、iPhone6というかなり古いものを使っているのが原因でしょう

ある時あまりにひどいので、バッテリーが古いせいかな?と思い交換してもらいにいきました

これで直った!と思っていたのですが…

変わらない!!!!一瞬で減る!!!!

ていうか、夏にバッテリー交換して、いま現在冬なんですけど、もう夏の時点でも普通にやばくて…これが私がバッテリー交換無駄やでっていう理由です

できる対処法

いま考えつきうる対策をご紹介します

電池を食うアプリを消す

世の中にはやばいアプリがありまして、そいつが充電の大部分を食ってる場合があります

そういう危険アプリを探すアプリなんかがあるはずなので試してみてください

たまにApple Storeのレビューに書いてたりします

機種を変える

正直これが一番よいでしょうw

まあアプリ消すはたぶん人によっては効果あることもあるのでぜひやってみてください

モバイルバッテリーを2つ持つ

これも代替案ですけど、モバイルバッテリーしっかり持ってたらある程度いけちゃいます

僕も特に冬は絶対持つようにしてて、そのおかげでなんとか生活してます

ちなみに2つ持つのは、一方を持ち歩いている間に他のも持ち歩くって作戦です

ぜひお試しあれ!

2人のTwitterをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です