コーヒーの効果と効き始める時間っていつだろう?【紹介】

お店で珈琲を淹れている

れいです

先日、バイト先で話をしていた時に、コーヒーの効き始めとどれぐらいの長さ効いているのかについての話題になりました

その時にはちょっと時間がなくて解明できませんでしたが、その後調べて解明できたので今回はこのコーヒーについてを書いていきます

コーヒー

コーヒーとは、「コーヒーノキ」の種子を焙煎して挽いた粉末から、水またはお湯で抽出した飲料のことです

果実は赤く、花は白い花が咲きます

コーヒーの効き始めの時間とどれだけ効果が続くか

ではさっそく、コーヒーの効き始めの時間について見ていきましょう

コーヒーにある覚醒効果が一番良く知られていると思いますが、その覚醒効果が現れるのはいったいいつからなのでしょう?

それは、飲んで大体30分後に現れます

これは、ホットコーヒーを飲んだ場合には30分ほどで現れますが、アイスコーヒーを飲んだ場合には効果が現れるまで1時間ほどかかるといわれています

もちろん個人差もありますが、大体の目安として思ってもらったら良いです

なので、早く効果が出てほしい時は、ホットコーヒーを飲むといいみたいですね

さて次に出てくる問題といえば、どれくらい効果があるのか、ピークはいつなのかですよね

では、まずピークについてお話します

コーヒーの覚醒効果のピークは、コーヒーを飲んだ40~50分後とされています

そして、カフェインの効果は、5~7時間持続します

これも人によって時間は違ってくると思いますが、大体の目安で把握しておいてください

ちなみに、コーヒー慣れしている方は、体がカフェインに慣れてしまっているため、それほど大きな効果は期待されないそうです

かくゆう私も小さい頃からコーヒーを飲んでいたため、コーヒーを飲んでも普通に寝てしまいます笑

コーヒーの主な効果

では、今効果時間を話したので、次にコーヒーの主な効果について見ていきましょう

コーヒーに含まれるカフェインの効果で一番代表的なものが”覚醒効果”です

この覚醒効果は先程も話したようにうまく活用すれば、眠気覚ましになります

覚醒効果以外にも、利尿作用や鎮痛作用、脂肪分解などのダイエット効果、消化を助ける、疲労回復、肌のシミ防止効果などがあります

覚醒効果や利尿作用は聞いたことがありましたが、その他にもこんなにたくさんの作用・効果があるとは知りませんでした

ただし、コーヒーを適量飲むことが大切です

作用や効果の他に死亡リスクの低下がありますが、適量以上の量を飲んでしまうと逆に死亡リスクが上がってしまいます

肌のシミ防止効果には、1日2杯以上飲むといいらしいです

しかし、先程も述べたように、過剰摂取してしまうと死亡リスクが上がります

具体的に言うと、1日5杯以上飲むと死亡リスクが上がってしまうとされています

最後に

今回は、コーヒーの効果時間と効果についてお話しました

色々な作用・効果があることがわかりましたが、飲みすぎにはくれぐれも注意してください

参照サイト
○コーヒーの効果と時間          https://smilylife6.com/archives/556.html
○コーヒーのメリット・デメリット     https://takuhaifood-hikaku.com

2人のTwitterをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です