就活生必見!?マイナビへの登録の仕方やいろいろな使い方

office

れいです

今回は、前回の記事(リクナビの登録方法や企業・インターンシップの探し方について)の続きとしてマイナビについての登録の仕方やいろいろな使い方について書いていきます

マイナビ

今回の就活について、ゼミ担とお話した時に”マイナビ”を初めて聞いたのですが、株式会社マイナビという会社が就職情報などを扱っているサイトのことみたいですね

登録の仕方

まず、マイナビもリクナビ同様、インターネットでマイナビと検索します

検索すると、マイナビ-学生向け就職活動(就活)というページが出てくるので、そのページをタップします

マイナビ

すると、マイナビ2019というものが出てきます

私が今回登録したのは、2020なのでこれではありませんね。。

違ったかな?と思いましたが、下へスライドさせていくと、マイナビ2020の会員登録(無料)というものが出てきました!笑

マイナビ2020

会員登録の部分をタップして次のページに移動します

すると、名前やメールアドレスを入力するページに変わります

こちらはリクナビと一緒ですが、その次の学校情報の入力の部分が、リクナビよりも詳しく入力したかな?という印象です

でも、画面の案内に従っていけば大丈夫なので、5つほど入力ページを入力すると登録完了されます

登録完了後

登録完了後は、パーソナリティ診断バリュー診断を受けるように言われます

パーソナリティ診断、バリュー診断共に診断後に診断の結果から、自分がどんな人間か、自分の能力、特徴、仕事における価値観などを教えてくれます

この2つの診断から、91職種の中から職種別に適応度が高い順に職業が表示されます

この2つの診断の他にも、適性検査対策WEBテストや自己分析ツール適職診断MATCH、キャリアデザインツール適性診断MATCH plus等を受験したり、診断することができます

インターンシップの検索については、企業名を入れるだけでも検索できますが、ジャンルや開催地域、業種、開催時期を選択して検索することもできます

企業研究の検索については、全掲載企業数や新着数、新着の取材・特集などの数も分かり、企業の検索自体は会社名だけでもできます

会社が決まっていない場合は、業種、エリアを選択して検索することもできます

最後に

今回と前回、2つの記事にわたって就活の最初の段階、リクナビとマイナビの登録の仕方と企業・インターンシップの検索の仕方などを簡単に説明しました

これから就活をする方に少しでも役立てていただけたらなと思います!

2人のTwitterをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です